イベント情報

このイベントは終了しました。

20143.13(木)

地域活性化推進協議会シンポジウム&神奈川県6次産業化サポートセンター交流会のご案内

[交流会のねらいとその結果]

本交流会は、産官学金連携のワーキンググループである地域活性化推進協議会が約半年間をかけて検討してきた「神奈川県の一次産業資源を活用した地域活性化」の戦略を発表する地域活性化推進協議会シンポジウムと同時開催いたしました。協議会が提案する「地産来消モデル」は、6次産業化の1つのモデルとして期待できるものです。交流会では、発表された「地産来来消モデル」の実現を可能とするであろう、神奈川県の飲食店や農家の積極的な取組みや、つながりなどを紹介する目的をもって実施いたしました。

[参加状況]

当日は57名の方が参加されました。行政関係者、1次産業の支援者、金融機関関係者、教育機関関係者、1次産業者、3次産業者など、様々な業種の方にご参加いただきました。

[当日の流れ]

当日は、3つの講演を行いました。
最初の講演では、神奈川県環境農政局農政部農業振興課長北宜裕様に、神奈川県における農林漁業の6次産業化の推進方向についてのお話しをいただきました。
続いて、有限会社たのし屋本舗代表取締役下澤敏也様に、農林漁業者と連携した飲食店運営についてお話しいただきました。下澤様は、神奈川県の農業者や漁業者が生産した食材を使用した新鮮な料理をお客様に提供して支持されている繁盛店を、横浜に3店舗、横須賀に1店舗経営されています。
その後、永島農縁永島太一郎様より神奈川県での連携を活かした農業の取組みについてお話しいただきました。永島様が経営されている永島農縁は、横浜市金沢区で、しいたけを栽培し販売しています。永島農縁は先日、しいたけを使用した新商品の加工販売における事業で、6次産業化の総合化事業計画の認定を受けました。最後に、開場後方スペースで、参加者同士の名刺交換会を行いました。名刺交換会では、多くの参加者の方に積極的に名刺交換・意見交換をしていただくことができました。

[交流会の成果]

アンケートでは、セミナーが3つとも大変参考になったとの回答が多く寄せられました。自由回答では、神奈川県の取組みや今後の展望がよくわかった、飲食店が物語を見せることで1次産業者とWin-Winの関係がつくれることがわかった、交流、協奏の関係の大切さがわかったなどの声がありました。

産官学金連携のワーキンググループである地域活性化推進協議会は、農林水産省の委託事業として「神奈川県の一次産業資源を活用した地域活性化」のための戦略を検討し、その戦略を『戦略構想書』としてこのたび冊子にまとめました。シンポジウムでは、県内各地域で「一次産業資源を活用した地域活性化」を模索・検討している関係者等にご参加頂き、神奈川県らしさを活かすことができる戦略=「地産来消モデル」を提案します。

また、神奈川県6次産業化サポートセンターでは、地域活性化推進協議会と連携した交流会を同日に開催します。協議会が提案する「地産来消モデル」は、6次産業化の1つのモデルとして期待できるものであり、交流会当日は、6次産業化に向けたネットワークを構築し具体的な取組みを実践している1次産業者「永島農縁」の永島氏と3次産業者「有限会社たのし屋本舗」の下澤氏による講演会を行います。また、関係機関同士での連携の第一歩とし、セミナー終了後には名刺交換の時間をとります。
120名様限定、申し込み順にて受付いたしますので、奮ってご参加くださいますよう、宜しくお願いいたします。
★シンポジウム、交流会どちらかのみのご参加でも大丈夫です。

●地域活性化推進協議会シンポジウム主催
神奈川地域活性化推進協議会
(地域活性化推進協議会構成機関)
神奈川県,神奈川県中小企業団体中央会, かながわ信用金庫, 成城大学, 日本大学, 農林水産省横浜地域センター, 横須賀商工会議所, よこすか葉山農業協同組合, 一般社団法人食品需給研究センター,株式会社クリアリンクファーム,株式会社コンサラート

●神奈川県6次産業化サポートセンター交流会主催
神奈川県6次産業化サポートセンター

【開催日時】
3月13日(木)13時〜16時30分
※16時10分から20分間程度、参加希望者の方のみで名刺交換会を実施いたします。
関係者間の交流を深める時間にして頂ければ幸いです。
★ 個別相談ご希望の方は、WEB申込時に申込メッセージ欄に「個別相談希望」とご入力ください。

【開催場所】
神奈川中小企業センタービル 14階 多目的ホール
(神奈川県横浜市中区尾上町5-80 )
http://bb-building.net/tokyo/deta-y/152.html

地下鉄関内駅 7番出口より徒歩2分
JR関内駅北口より徒歩5分
JR桜木町駅より徒歩7分
みなとみらい線馬車道駅 3番出口より徒歩7分

【開場時間】
12:40〜

【ご参加頂きたい方】
神奈川県の農林漁業者、農林漁業に関わる方々、農林漁業者との連携を志向する事業者の方々

【受入可能人数】
120名

【タイムスケジュール】
地域活性化シンポジウム
12:30 開場
13:00  開会 来賓のご挨拶
13:20 地産来消戦略モデル発表
14:10  講演
・農林水産省の施策取り組み
農林水産省横浜地域センター農政推進グループ食品産業チーム
統括農政業務管理官 御園生 仁 様

・各都道府県の地域活性化について
一般社団法人 食品需給研究センター
調査研究部  江端 一成 様

・横須賀商工会議所の取り組み
横須賀商工会議所情報企画課
小幡 純 様

15:00 閉会

神奈川県6次産業化サポートセンター交流会
15:05  講演
・神奈川県における農林漁業の6次産業化の推進方向について
神奈川県 環境農政局 農政部
農業振興課長 北 宜裕 様

15:20 1次・3次産業者による講演
・農林漁業者と連携した飲食店運営について
有限会社たのし屋本舗
代表取締役 下澤 敏也 様

・神奈川県での連携を活かした農業の取組み
永島農縁 永島 太一郎 様

16:05 ご挨拶
神奈川県6次産業化サポートセンター
統括企画推進員 覚張和寿

16:10  名刺交換会(希望者)
16:30  閉会

【参加費】
無料

定員になり次第、受付を終了いたしますのでご了承くださいませ。
★お申し込みフォームのメッセージ欄に、会社名、事業者名のご記入
また、以下の1〜3いずれかをコピーいただき、ご記入をお願いします。
1)シンポジウム、交流会共に参加
2)シンポジウムのみ参加
3)交流会のみ参加

<お問い合わせ先>
— —————————————————————————
神奈川県6次産業化サポートセンター
〒231-0015神奈川県横浜市中区尾上町5-80
神奈川中小企業センター3Fコンサラート内
TEL:045-633-5215  FAX:045-633-5216
URL:http://6sapo-kanagawa.net
—————————————————————————