イベント情報

このイベントは終了しました。

20148.21(木)

8/21(木)韓国農業大学生が来訪されました。

【イベント特別編】
8月21日、韓国の農学を専攻した大学生が研修の一環でサポートセンターに来訪されました。
韓国の地域アカデミ- 國際交流情報センターでは、韓国農林畜産食品部から依頼を受け、農業大学生日本農業研修を企画されました。 韓国では農学を専攻した大学生が卒業後なかなか農産業関連の仕事に就かなくて困っているとのことで、今回の研修は日本の様々な農産業現場を学生たちに見せて、農産業の魅力とビジョンを認識させることを目標とされていました。研修の一環として当サポートセンターに来訪され、6次産業化に関するお話をいたしました。認定事例として、「あきさわ園」秋澤様にご協力いただき、ご紹介いたしました。

○研修概要
1.6次産業化の概要と総合化事業計画について
(1)6次産業化の考え方
(2)総合化事業計画の概要と認定要件
(3)総合化事業計画の事例
(4)認定者のメリット
(5)総合化事業計画の認定状況(全国)
(6)総合化事業計画の認定状況(神奈川県)

2.神奈川県6次産業化サポートセンターの取り組み
(1)総合化事業計画におけるサポートセンターの役割
(2)相談窓口・ネットワーク構築・研修会・交流会について

3.6次産業化を進める上での検討のポイント
(1)6次産業化を進める上での検討課題
(2)商品企画に関する検討のポイント
(3)商品の売り方・伝え方のポイント

4.総合化事業計画の認定事例紹介(あきさわ園様)
(1)総合化事業計画の概要
(2)総合化事業計画のポイント
(3)その他の取り組み

5.質疑応答

-主催 : 韓国農林畜産食品部
-研修日程 : 8月18日(月)~ 8月22日(金) 4泊5日
-訪問地域 : 静岡県、神奈川県の農業農村関連施設
-サポートセンター訪問日 : 8月21(木)09:30~11:30
-人数:28名(大学生24名、引率4名)