イベント情報

このイベントは終了しました。

20129.6(木)

みやじ豚を食しながら、「第三次産業者の視点に立った加工・販売」を「わいがや」で考える会

プランナーによる農業経営に関する講義と、3次産業者から顧客視点に立った加工・販売を考える試食会を行いました。

日時:2012年9月6日(木) 13:00〜15:00
会場:厩の食卓(株式会社横浜ビール)

[当日の様子]

会場は6次産業化を推進しているみやじ豚を以前から提供している「驛の食卓」。テーブルに運ばれてくる地元神奈川県産の食材が使われている一品一品について、スタッフからお客様の反応をお話頂きました。また、スタッフの方々には6次産業化に対する意識調査を実施させて頂きました。

また、みやじ豚の生産者である宮治さんにも当実践研修にご参加頂き、加工プロセスに進出した経緯と進出する際の注意事項についてお話いただきました。

村上講師からは講義前半は6次産業化法の事業計画認定までのフロー、農商工連携との違い、事例を中心にお話頂きました。後半は、「6次産業化の推進の壁」が講義の中心。得意なとこで稼ぐ仕組みの構築(ビジネスモデル)の重要性について説いて頂きました。最後に、「6次産業を通じて地域の活性化を実現するのであれば、地域事

業者同士の連携が欠かせない」というメッセージで研修のまとめとして頂き、終了となりました。