MENU
開発した発酵レモンコンフィチュール

オーシャンレモン

商品紹介

畑から収穫したレモンとともに

自家農園レモンを使って
新製法のヘルシーな発酵コンフィチュールを開発

小田原の耕作放棄地を開拓し、農薬・肥料不使用で育てたレモンを健康効果と共に手軽に摂ってもらえる発酵コンフィチュール。
ヘルシーさ、今までにない商品を目指し、新製法を開発した。
レモンの酸味とこだわり砂糖と発酵の効果が醸し出すまろやかな甘みが特徴である。

商品開発(6次産業化)への
取り組み

販売商品の外看板

きっかけ(背景)

代表の菅原亜郎さんは素材にこだわるオーガニックレストラン「bla on the beach(ブラ オン ザ ビーチ)」(逗子市)のオーナーシェフ。
もともとは自社のレストランで生ガキを提供するためにそれに添える国産のオーガニックレモンを探していた。だが、なかなか良いものが手に入らず、ならば自分で栽培してしまおう!と小田原の農政事務所の扉をたたき、レモンの植わっている耕作放棄地を紹介してもらった。
自ら草刈りをしつつ、ジャングルのように草が生い茂った中からレモンの木をまさに「発掘」していき、それを自然栽培で育て始め、新規就農者となった。
様々な健康効果を持つレモン。レストランで使うだけでなく、皮までまるごと生かすために加工品にすることを考えた。
手軽に摂ってもらえるように形態としてはコンフィチュールとして、一方で新規性にこだわり、またシェフの腕前を生かし、店で提供する料理と同じように一から自ら手作りで開発を始めた。

商品について語る菅原さん

事業概要

当店のレモンは、農薬・化学肥料を使用しないのはもちろんのこと、畑の中に生える雑草で作った堆肥と腐葉土で育てる、皮まで安心して食べられるレモンだ。
これほどこだわったレモンは国内に0.1%ほどしかないという。
自身でレモン栽培をするために、現在営業店舗数を減らし、レストランの営業時間まで変えてしまったほどの力の入れようだ。
それほどまでにするのは、自分が食べたいもの・自分が安心して食べられるものを作り提供したいという熱い思いから。その思いを商品に込めた加工品の製造販売事業を展開している。

Q&A

商品化における現在の状況を教えてください。

コンフィチュールと決めたものの、レモンは煮込むと苦みが出てしまうので、その解消に苦労しました。ワインが好きなので、ワインの製造をヒントに発酵の研究を重ね、煮込まず、納得のいく味に仕上げることができました。また、レモンの色を損ねない、かつ、体への影響も考えたこだわりの砂糖を探し求めました。レストランのお客様にモニタリングをしてもらいながら開発を進め、この春には商品化、発売できる予定です。

モニタリングしてくださったお客様の声を記録
どのようなシーンで使っていただきたいと考えていますか。
食にこだわり、美容と健康を気遣う方々、本物を求める方々に、日常の中でジャムの用途で様々なものにつけたり、料理やサラダに使ったりして、摂っていただきたいと考えています。そのため、パッケージやデザインで目を引く様なものでなく、原材料などをきちんと読めば、その良さがわかるようにしています。
商品化された際にはどちらで購入できますか。

既存のレストラン店舗「bla on the beach」内と、ネットショップにて販売予定です。原料のレモンを育てるところから商品開発まで、自分が手塩にかけて苦労して作った「わが子」のような商品なので、商品に込められた思いを共有し、商品の良さを理解してくださるところであれば、卸しも検討したいです。

販売の実店舗となる菅原さんのレストラン

会社概要

事業者名 オーシャンレモン
代表者名 代表 菅原亜郎
所在地 神奈川県逗子市逗子1-9-41
TEL:046-872-4119
https://oceanlemon.jimdo.com/
会社概要 「フルオーガニック」をコンセプトに、小田原の海の見える農園で、無農薬、無化学肥料はもちろんのこと、餌に含まれる化学物質のキャリーオーバーが心配な動物生堆肥等も一切使わず、だれもが安心して皮まで食べられるレモンを育てている。安心できる自然栽培レモンとその加工品の販売。味と安全性で選ばれるレモンづくりを続けている。
店舗外観

アクセス

お問い合わせ

お問い合わせ
PAGE TOP