6次産業化とは?

6次産業化とは、農林漁業者が主体となって、生産から加工・販売まで取り組むことです。 農山漁村には、有形無形の豊富な様々な資源「地域資源」(農林水産物、バイオマス、自然エネルギー、風景・伝統文化など)に溢れています。 6次産業化とは、それら「地域資源」を有効に活用し、農林漁業者(1次産業従事者)がこれまでの原材料供給者としてだけではなく、自ら連携して加工(2次産業)・流通や販売 (3次産業)に取組む経営の多角化を進めることで、農山漁村の雇用確保や所得の向上を目指すことです。 こうした経営の多角化(6次産業化)の取組は、地域の活性化に繋がることが期待されています。

6次産業化支援体制

サポートセンターが計画づくりを支援していきます! 6次産業化支援体制説明図

認定を受けた場合のメリット

【6次産業化プランナーによる総合的なサポート】

●構想段階から認定までの支援に加え、認定を受けた農林漁業者に対しては、計画に基づく 事業の実施期間にわたり、プランナーが課題解決に向けフォローアップ。

【事業者の取組に対する資金援助】(注)別途申請・審査があります。

【融資等】

●無利子融資資金(改良資金)の償還期限・据置期間の延長 ※償還10年→12年、据置3年→5年。上限額 個人 5千万円、法人・団体 1億5千万円 ●促進事業者に対する無利子融資資金(改良資金)の貸付 ●短期運転資金(新スーパーS資金)の貸付 ※上限額 認定された個人:1千万円、法人:4千万円 ●食品の加工・販売に関する資金についての債務保証

認定事例の方はコチラ ご相談の方はコチラ

6次産業化データ

6次産業化への取り組みが広がっています。

一次産業関連事業に取り組む事業者数の推移

資料:農林水産省「農林業センサス」 注:1) 「農業生産関連事業」とは、「農産物加工」、「観光農園」等、農業生産に関連した事業 注:2) 平成22(2010)年の「店や消費者への直接販売」は、「消費者に直接販売」として把握していること等から、「農業生産関連事業を行っている販売農家数」及び「店や消費者への直接販売」は、平成17(2005)年とは接続しない。

今後の農業経営規模に関する意向

資料:食料・農業・農村及び水産資源の持続的利用に関する意識・意向調査

コメントは受け付けていません。